ライフハック

【マネーフォワードME】オリジナル家計簿の作り方を画像付で解説|BAR LIBRO

マネーフォワードME

こんにちは、なかじです。【@Nakaji_free

この記事では、マネーフォワードMEのおすすめの使い方を画像付で分かりやすく解説しています。

家計簿アプリでマネーフォワードMEがおすすめされるけど、「実際どうなの?」って思いませんか?

この記事でわかること
  • 家計簿をつけるメリット
  • マネーフォワードMEのメリット・デメリット
  • 画像付でカスタマイズの方法

結論から言うと、マネーフォワードMEは全員に使ってほしいアプリです。

ゆきちゃん
ゆきちゃん
家計簿アプリって設定がめんどくさいよね
なかじ
なかじ
そんな人にわかりやすく図解付で説明するよ 
\使ってみる人はクリック/ マネーフォワードMEダウンロード

 

プロフィール画像

家計簿のメリット3選

家計簿メリット3選

マネーフォワードMEの解説の前に、家計簿をつけるメリット3選について解説します。

メリット3選
  1. 収支が明確になるから、お金の管理ができる
  2. 無駄遣いが減る
  3. 計画的に貯金・投資ができるようになる

1.収支が明確化、お金の管理ができる

収入と支出のバランスを見える化することで、お金の管理ができるようになります。

マネーフォワードMEを使って、家計簿をつけると固定費と変動費の金額が分かります。

収支が明確化になるとお金の管理が簡単になり、節約や無駄遣い防止につながります。

2.無駄遣いが減る

変動費の見える化ができるので無駄遣いを減らせます。

ポケットに手を入れたときに「あれ?このレシートいつの買い物だ?」
とふらっと立ち寄ったコンビニでの買い物。

一回は少額かもしれませんが、チリツモになっています。

マネーフォワードMEを使うと支出の無駄が見える化するので無駄遣いの防止につながります。

3.計画的に貯金・投資ができる

総資産とお金の流れが把握できるので、計画的に貯金と投資ができるようになります。

現状把握ができるので、無理のない貯金と投資額がわかるようになります。

現状把握は貯金と投資を始めるためのはじめの一歩です。

マネーフォアードMEってなに?

マネーフォワードME カスタマイズ

マネーフォワードMEとは、基本無料で使える人気NO.1の家計簿アプリです。

特徴
  1. 利用率NO.1アプリ
  2. 家計簿+資産管理が1つでできる
  3. レシート読み取り機能付き

マネーフォアードMEのメリットは3つ

マネーフォワードのメリット

マネーフォワードMEの3つのメリットは

  1. 自動で記録されるから、継続できる
  2. カテゴリーカスタマイズが自由自在
  3. 無料で使える

それぞれわかりやすく説明していきます。

1.自動化だから継続できる

マネーフォワードMEを利用すると記入フリーで自動化できるので、NOストレスで継続できます。

また、2575機関と連携可能になっているので漏れなく資産管理が可能です。
※2022/4/29調べ

提携先一覧
  • 銀行口座
  • クレジットカード
  • Amazonや楽天
  • 各種プリペイドカード
  • 証券口座
  • FX・仮想通貨
  • 各種ポイント

連携する際に連携先のログインIDとパスワードまた銀行の場合はネットバンキング開設など必要な作業があるので使用前に準備が必要です。

2.カテゴリーカスタマイズが自由自在

オリジナルカスタマイズするメリットはお金の管理がしやすくなることです。

マネーフォワードMEは2つのカテゴリーがあります。

大カテゴリー
  • 収入
  • 食費
  • 日用品
  • 趣味・娯楽
  • 交際費
  • 交通費
  • 衣服・美容
  • 健康・医療
  • 自動車
  • 教養・教育
  • 特別の支出
  • 現金・カード
  • 水道・光熱費
  • 通信費
  • 住宅
  • 税・社会保障
  • 保険
  • その他

これだと自由度が低いので、中カテゴリーを使って分かりやすいようにカスタマイズします。

なかじは【住宅】の中カテゴリーをカスタマイズして、住宅にかかる費用全般の見える化をしています。

住宅【中カテゴリー】
  • ローン返済
  • 保険
  • 固定資産税
  • 水道代
  • 電気代
  • ガス代
  • インターネット
  • 携帯料金

カスタマイズすることで、お金の管理がしやすくなります。

3.無料で使える

マネーフォワードMEは基本無料です。

カスタマイズも無料です。
有料版のプレミアム機能は月額480円で以下の内容ができるようになります。

  1. 1年以上前のデータを閲覧できる
  2. 金融機関を11件以上登録できる
  3. 連携先の情報を常に最新にできる

気になる人は無料30日キャンペーンがあるので試してみてください。

マネーフォワードMEのデメリット

マネーフォワードME カスタマイズ

マネーフォワードMEは2つのデメリットがあります。

デメリット2選
  1. 無料版の口座登録数は10個まで
  2. 資産推移グラフが使えない

1.口座登録数が10個まで

無料で登録できる口座は10個までです。

銀行を使い分けている、クレジットカードを複数使用している、電子決済を複数使い分けている場合は登録数が足りない恐れがあります。

2.資産推移グラフが使えない

資産推移と内訳のグラフが見えません。
なので、資産の流れが掴みにくいのが欠点です。

資産運用に役立つグラフなので証券会社の登録が多い人は資産推移が見えないのが痛手です。

デメリット解消方法

マネーフォワードME

2つのデメリットはおかねのコンパスというアプリを併用することで解消することができます。

お金のコンパスはマネーフォワードMEのデメリットを解消してくれる痒いところに手が届くアプリです。

特徴
  1. 完全無料
  2. 口座登録無制限
  3. 資産推移グラフも利用可能
  4. レシート読み取り機能はない

マネーフォワードMEで口座数が足りない・資産推移グラフがみたいと悩んでいる人はおかねのコンパスを使ってみてください。

おかねのコンパス

オリジナル家計簿の作り方

オリジナル家計簿

オリジナル家計簿を作るときのポイントは2つです。

  1. 大カテゴリーは6〜8個程度にする
  2. 中カテゴリーで細分化する

オリジナルの家計簿の作り方を画像付きで解説します。

1.大カテゴリーは7個にまとめる

マネーフォワードMEでは大カテゴリーは18あります。
18個使うとグラフが見にくくなります。

おすすめは、カテゴリーは6~8個に厳選しましょう。
おすすめはカスタマイズを7個に設定することです。

大カテゴリー
  1. 住宅
  2. 現金・カード
  3. 日用品
  4. 教養・教育
  5. 趣味・娯楽
  6. 食費
  7. その他

次に中カテゴリーを解説します。

2.中カテゴリーで具体的にまとめる

大カテゴリーで7個に分けた中身は以下のように具体的に分別しています。

住宅
  • ローン返済
  • 火災保険
  • 固定資産税
  • 水道代
  • インターネット
  • 電気代
  • ガス代
  • 自動車関連
  • 携帯代
  • ふるさと納税
  • 自転車関連
現金・カード
  • ATM引き出し
日用品
  • 日用品
  • 子育て用品
  • 美容院
  • プレゼント
教養・教育
  • 習い事
  • プレゼント
  • 学費
  • 写真代
趣味・娯楽
  • アウトドア
  • 旅行
  • ゴルフ
  • 映画・音楽・ゲーム
食費
  • 食費
  • 外食
  • コンビニ
その他
  • 未分類

3.中カテゴリーの設定の仕方【画像付】

スマホ版

  1. 家計簿を選択
  2. 大カテゴリーをタップ
  3. 支出項目をタップ
  4. 中カテゴリーをタップ
  5. カテゴリーをタップ
  6. 右下のカテゴリー追加をタップ

パソコン版

マネーフォワードMEまとめ

マネーフォワードまとめ

内容をまとめます。

  • 家計簿をつけると無駄遣いが減る
  • 貯金と投資ができるようになる
  • マネーフォワードMEはめんどくさいを解消してくれるアプリ
  • デメリットはおかねのコンパスを使うと解決できる
  • カスタマイズすることでお金の管理が簡単になる
  • マネーフォワードMEを使うと家計簿が継続できる

マネーフォワードMEを使うことでオリジナルの家計簿を作ることができます。

口座連携が少し手間ですが、乗り越えて資産形成の一歩目を踏み出しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\使ってみる人はクリック/ マネーフォワードMEダウンロード

 

ABOUT ME
なかじ
読書を副業に。読書で人生を変える。 読書の悩み、読書を仕事に活かしていく方法を配信しています。